この本はある程度、マーケティングを学んだ方が復習のために読むのがいいと思います。

書いてある内容は比較的一般的な、それこそ初心者が読むべき項目ばかりなのですが、ABC順になっているため、最初から読んでいくにはある程度の用語を知っている必要があります。

R0012127

たとえば4Pのひとつである「価格(Price)」はP.172に掲載されています。というか4PはすべてがPで始まるため、このへんに集中していますね。

R0012130

最初の項目は「広告(Advertising)」です。この本はだいたいひとつの項目につき2ページ程度で解説が書かれているのですが(短いものは1ページ)、さすがに広告は10ページ近く割かれています。

R0012129

ぼくがこれを買って読んだのは2004年くらい、ビーケーワンにいた頃だったと思いますが(初版は2003年5月)、そのときにいろいろ線を引きながら読んでたみたいで、今回引っ張り出してきていろいろ思い返しました。

「変化(Change)」にたくさん線を引いてたり、当時の状況が思い浮かびます。

R0012128

先に以下のような入門書を読んでいれば、頭から読む必要はないです。

むしろこの本はトイレとかに置いておいてランダムに開いて読むのがいいような気もします。

[追記]
こういう新しい本を読むのが悪いとは思わないのですが、評価の定まった古典を読むほうが時間を有意義に使えると思います。