マーケティング is.jp

マーケティング入門者を応援するブログメディア

wiki/マーケティング用語集

トリプルメディア

目次

概要

トリプルメディアとは、企業マーケティングにおいて核となる3つのメディアとして「ペイドメディア(Paid Media:買うメディア)」、「オウンドメディア(Owned Media:所有するメディア)」、「アーンドメディア(Earned Media:信用や評判を得るメディア)」に分類したフレームワークのこと。

提唱者等

2009年秋に日本アドバタイザーズ協会のWeb広告研究会が提唱。

解説

従来デジタルメディアは、マスメディアに対立するものとしてとらえられることが多かった。トリプルメディア・フレームワークではその点を見直し、マス広告をペイドメディアの1つとして考え、3つのメディアの有機的な連携を、マーケティングコミュニケーションの基本としている。

TripleMedia.jpg

以下にそれぞれの解説を加える。

ペイドメディア

ペイドメディアは、費用を支払うことで利用できるメディア。主に、マス4媒体(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)やバナー広告などが分類される。時に高額なコスト負担を伴うものではあるが、短期間で不特定多数のユーザーへアクセスし、企業の意思通りに訴求できるのが一番のメリットである。

オウンドメディア

オウンドメディアは、企業自らが管理、運営し、情報発信するメディア。自社が所有するWebサイトやメールマガジンなどを指す。自社のメディアであるため、コントロールしやすいのが長所である一方で、情報発信の対象は既存顧客が中心となり、新規顧客の候補となる潜在顧客など、非顧客とコミュニケーションが取りづらいのが欠点である。

アーンドメディア

アーンドメディアは、ブログやソーシャルメディアを中心にユーザーからの信用や評判を得るためのメディア。積極的に活用しようとする企業も少なくないが、ユーザー主導のメディアのため、思い通りにコントロールできない点は注意が必要になる。


参考事例


参考URL

参考書籍


関連項目

関連マーケティング

ソーシャルメディアで共有

ブログの関連記事

このページは11,771 回アクセスされました。
 

オススメ書籍

はてなブックマーク

Related Posts with Thumbnails